どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


恋する日を

待たずに消えてゆく
子供達の歌は何を祈る?


みた?
もし世界が百人の村だったら。
10歳とかそこらの子供が家族を生かすために働いてるんだよ?
5歳の子供までが。

俺の半分くらいの歳しかないのに、何の為に働いて、何の為に生きるかっていうことをはっきり明確にして毎日を一生懸命に生きてる。

ゴミ拾いをして生計を立ててる子のセリフなんだけど、「私がゴミ拾いをして、お金を稼いで、弟たちに勉強させてあげて、ちゃんと学校を出て、ゴミ拾いじゃなくてちゃんとした仕事に就いてくれれば私なんてどうなってもいい」ってさ。
日本のがきんちょならかっこつけてそんなことも言いそうだけど、あの子は本気でそう思ってるんだもんなぁ
いやはや、本当にかっこいい。


さて、本日の私。
引っ越ししました。
買い出しの為に長袖を来て往復1キロの道程を3往復。
荷物おめー
んで、鍋買ったからラーメン作り。
丼ないから鍋を直接つつく。

お湯を入れすぎた。
味が薄いや。
次はお湯の量を鍋の4分の1にしてみよう。
[PR]

by child-of-children | 2007-06-30 23:27

タスケテー

a0066748_0374241.jpg

今日は南部の色んなとこまわろって思ってました。
でも、目覚ましがなって、さ、起きよって思ったら両腕に激痛が!!
どうやらヒリヒリの痛みが皮膚だけじゃなくて腕の内部にまで進行しているようですわー

でも明日には沖縄市に行っちゃうから、まぁいくべぇってことで出発。


いやーきついわ。
止まってると紫外線で超痛い。
かといって走ると風があたるだけでいたい!
それでもなんとか気合いで、首里城、平和記念公園、ひめゆりの塔、具志川城跡、そして本島最南端の喜屋武岬へ行って参りました。
平和記念公園の時点で「俺このまま予定通り周ってたら死ぬんじゃねぇか!?」って思ってたけど、痛い痛いと思いながらも具志川城跡まで行ってみました。
ここは行って良かった!
具志川城ってのは断崖絶壁に城門があったそうで、みごとに崖っぷち!
長年の風雨で崩れた石垣が時代を物語っててさ、すーごい絶景だったよ!!

でも、腕の痛みがどうやら限界。いてぇいてぇってしか頭の中に浮かんで来ないから、このまま観光続けてもその観光スポットのこととか、なんも考えられなくてもったいないなぁって思って断念。
ホテルへ戻ることにしました。
やーばい。
腕真っ赤に膨れ上がっとる!
ひぃひぃ言いながら80キロの旅を終え、ホテルに着きました。
シャワーで腕を冷やすも、効果なし。
でも湿布貼ったらちょっと痛みがやわらいだので、1時間くらい昼寝。
目を覚ましても痛みはおさまってない。
でもここにいてもやることないしなーってことで、そうだ、スロットにいこう!
ロンT着ておでかけ。
18時とかなのに太陽はまだギラギラ。
でもロンTのおかげで紫外線はカット!
始めからこうしてりゃ良かったよ。
でもシャツがこすれて痛いけどね。

で、パチ屋ついてびっくりだよ!
これはスロット打つ人にしか分からないと思うけど、ホント沖スロばっか!
トリクラ200台くらい、ワンバーっていうビンゴの後継機みたいのが100台くらい、なぜかプレイボーイが50台くらい、アクアビーナスが50台くらい。
一応番長とかもあるけど、なんか上の札に「小さいコインも愛おしい」とか書いてあって、30パイが当たり前って感じ!
いやーそれらをみてカルチャーショックを受けたね。
毎日万枚当たり前、5月は1万5千枚オーバーが27台。
すげぇ!
今の時代じゃ考えられない!
なんか嬉しくてニヤニヤしちゃった。
んでワンバー打つ。
検定期間見るともう一昨年切れてる。
すげぇ!沖縄すげぇ!
ほいで、下皿にコインが1枚もないのを確認して打ち出す。
結果だけいえば2000枚獲得で2万6千4百円勝ち。
なかなか当たったし、よさ気だったけど、あまりに腕が痛くて1回回すのもしんどくなって、揚げ句の果てには痺れてきちゃったんで泣く泣くギブ。

ほいで帰りに薬屋さんに寄って、症状を説明すると結構な火傷だし腫れちゃってるから病院に行った方がいいとのこと。
ハハハ、笑かしよんのぅ。
沖縄きて3日目でいきなりお医者様のお世話になんてなれませんよ。


沖縄なめてた!
たった2日間でこれほどまでに焼けるとは。
ほんとずっと焚火の近くにいるような感覚でした。
豚肉とか放置してたらこんがり焼けると俺は信じるね。


今日はほんとはもっと周りたかったー
でも明日は沖縄市に引っ越し。
まぁいいや。
もし誰かが遊びに来てくれたら一緒に行こう。車で。



ひめゆりの塔とか見て、色々考えさせられたけど、それはまた今度書きます。
携帯じゃめんどくさい。


ほなー
[PR]

by child-of-children | 2007-06-30 00:37

キタエミナミエ

a0066748_22452345.jpg

いやー走った走った!
今朝11時半にホテルを出た時、原付きのメーターは2702。
22時半頃に戻った時は2819。
走行距離にして約120km!
これは沖縄本島の北端から南端に相当します。すげぇ走ったわー
那覇市を出て色んなところを気ままに走り回ったんだけどさ、やっぱ沖縄の海はキレイだったよ!
このホテルの周りが特異みたい。ソープ街。
まぁ那覇の栄えてるところだし、しょうがないのかもなぁ

写真も結構撮ったので、HP造ったら沢山載せますわ。
自分で言うのもアレだけど、プロっぽいのも撮れたよ!
ちょっと請うご期待。



ほいで取りあえずは住居探しなんで、ピックアップしといたうるま市に行ってみたよ。
でも、さびれたかんじがしてたし、交通の便も悪そうなのでうるまはやめ。
次はもう一回沖縄市に戻ろうと思って走り出す。
「大体こっちの方だろ。折角だから海沿い走ろ」って感じでずっと走ってたのが大間違い。うるまから海沿いに走ると、半島に行っちゃうんですわ!地図を見てもらえばわかると思うけど。
で、それに気付かずに「なんか車減ってきたなぁ」なんて思ってたら、突如黄色と黒に塗られたでかい石が道を塞いでる。
でもあの隙間をちょろちょろ抜ければ行けるななんて思いながら進んでいくと、あらびっくり!
変な看板があって、そこにはこう書いてあったよ。


COMMANDER'S BEACH



こまんだー!?
こまんだーって、兵士のお偉いさんだろ!?ひぃ!
その石の寸前で急ストップして、即座にターン。
兵士さんがじろっと見てきたのですいませぇんとお辞儀して走り去る。
撃たれんじゃねぇかな!?って思ったけどなんとかセーフ。
沖縄こわい。
はやく家決めてホテルに帰ろう。

んで、迷いながらもなんとかレオパを発見して、電話して、色んな物件に連れてってもらう。
車って便利。
で、住まいを決めました。
でかい公園も近いしコンビニも近くにあるし、スーパーもある。
パチ屋は2軒もある!
最高の立地条件ですわ。
んで契約して、ちょっと仲良くなったんで、僕足がないから、鍵取りに来た時に家まで連れてってくれません?って頼んだら快くOKしてくださった。あんたいい人だ。認印忘れちゃったことを伝えたら、ハンコ屋さんまで連れてってくれたし。大した商売根性だ。

で、16時半からその人と色々回ったんだけど、色々手間取って契約が終わったのは19時間半。
那覇ってどっちですか?って聞いて、なんとなくの方向を教えてもらい出発。
またまた迷って、行きたくもない国際通りにまで行っちゃって、帰り着いたのは22時半。
長い旅でした。

たった一日で腕と膝だけすげぇ日焼け。
沖縄すごいね。
軽い火傷状態ですわ。
14時頃とか紫外線が痛いもの。しかもずっとバイク乗ってたから手の甲がやけに焼けてて変な風に焼けてるし。
たった1日で腕と膝だけ海人。


で、シャワー浴びたらあまりの痛さに鼻血。なんでや。


一応明日もホテル取ってあるので、明日は南部を観光しようと思います。
[PR]

by child-of-children | 2007-06-28 22:45

一体今まで

いくつの夢を夢のままで終わらせてきたろう?


沖縄1日目!
羽田から飛行機でブーンと飛んで、2時間半で到着。
俺通路側の席だったんだけど、隣が来なかったからひょいっと窓側の席に移動。
でもほとんど寝てたからあんま意味なかった。

んで着いた!
着いた!
あちぃーー!!
気温は32度。
むわっとしてるわ。
地図を見るとあんま距離ないし、歩いていくべぇって歩き出しました。


…10分後にはタクシー乗ってました。
無理!
紫外線強い!
炎天下の中スーツケースゴロゴロ転がしてたらいけません。
ちょっと涼しいサウナで運動するようなもんですよ。

で、2、3日は原チャリで走り回るから、沖縄の交通事情も知りたいしということでヘイタクシー!

乗ってびっくり。
運転下手!
信号とかでスピード落とす度にガックンガックン。俺のがうまいぜよ。

ほいで、ホテルにチェックインして、取りあえず歩いて回ろうと思って、カメラを持って海の方向へ。

すげぇ!!
沖縄の海、超キレイ!!!

じゃない!!!!

海岸の埋め立て工事がひたすら続いてる。
白いキレイな砂浜を期待してたんだけど、視界に入るのは何台ものクレーン、テトラポット。
知ってる?テトラポットって全然意味ないんだぜ。
テトラポットってのはそもそも消波のためにあるんだ。
だけど、テトラポットを設置することによって海流が狂っちゃうんだ。
それで色んな海流がごっちゃごちゃになってさ、生態系も狂うんさ。
でね、そのテトラポット自体は確かに消波の効果はあるんだけど、水面のちょっと下の海流が下へ下へと潜りこんじゃうんだ。
だからテトラポットも段々崩れて、沈んでいく。
ほいで、「あれ?沈んでるね。よし、追加!」ってな感じでテトラポットを増やす。
また時が経って沈む。
また増やす。
その繰り返しで、海底にはどんどんテトラポットがたまってって、海流はますますおかしなことに。
テトラポットなんて、みんな何回も見てると思うけど、そういう何気ないことからも環境は破壊されてくんだよなぁ。


んで、うろちょろ歩き回って幻滅したね。
俺の泊まってる場所も悪いんだろうけど、周りはラブホとかソープとか風俗店がいっぱーい
俺のホテルの目の前も風俗店が4軒連なっております。
半端ねぇ。


今は那覇市にいるけど、明日は沖縄市まで行ってきます!原チャリに乗ってブーンと。家探しです。
ほいではまた明日!
バイ!
[PR]

by child-of-children | 2007-06-27 22:45

おひさ。

どうも。
結構放置してたね。ごめん。

久々なのに、長文書くよ
覚悟せいやぁ



えー、もう多くの人が知ってると思うけど、俺さ、沖縄行ってくるわー
いつ?今の日と書いて今日だね。27日。
それでね、みんな大して興味ないとは思うけどね、どうして俺は沖縄行くことにしたのかを書きたいからさ、できたら読んでね。


事の発端は4月の中旬から下旬頃です。
みなさんご存知の通り、俺はスロットを稼業としています。
ところがね、3月、4月と連続で負け越してしまったんですわ。
自分の中で誇れることは「スロットでトータルで負けないこと」くらいだったんだけど、それができなかった。
1ヶ月くらいだったらまぁしょうがないかなとも思えたけどさ、2ヶ月連続負け越しは有り得ない。
どう打っても負ける。何をしても負ける。ちゃんとデータ取って打っても負ける。
もうこの辺の時期は最悪でしたね。車もぶつけるし。自分の不注意で。

でね、もう嫌だ!って心底思った。
俺一体何やってんだろう?
社会人並に稼ぐことでさ、自分自身も納得させてきてたんですよ。だましだましだけどさ。
ちゃんと稼いでるんだからさ、いいでしょ?みたいな感じで。

でもこの2ヶ月間はそれすらも出来なかった。
じゃぁもうだめだね。稼げないんなら他を探せよ、バーカ。
才能を生かしてる?じゃぁなんで負けんの?ホントに才能あんの?
調子に乗るなよ。



いやぁ、この時は病んでたね!今までの人生でトップ2に入るくらい自分が嫌いになったね。


なんていうかねぇ、同じ毎日の繰り返しなんだよね。
スロットで負けが混む前から気づいてたんだけどね、目をそらしてた。
毎日を面白おかしく生きていきゃいいや。そう思ってた。
でも、実際は大して面白くもない毎日を繰り返してた。
夢も希望もやりたいこともなくて、ただなんとなく過ごす毎日。
日付が変わっても、ただ昨日がまたやってくるだけ。
明日が来ないんですわ。

でね、なんとかしなきゃなぁって思ってたけど、でもどうすりゃいいんだろ?
やりたいこともないしなぁ


そう思いながら過ごしてると、ゼミの友達から連絡が来ました。
沖縄に行くやつがいるから、送別会やるから来てねってさ。

で、4月の25日。
俺はそいつを車に乗っけて、横浜まで行ったんだけどさ、その帰りの車中で色々話してたのよ。
そしたらそいつは、沖縄でダイビングのインストラクターとかをやりながら、そのダイビングの店がやってるネイチャーガイドとか、自然保護の運動をやりにいくって言うんだ。

それでね、何を隠そう実は俺、大学卒業したら海外に行ってボランティアをやりてぇって思いがあったんですわ。金が無くて断念したけど。

そのことを思い出して、自然保護か、いいな、俺も行こうかなって言ったら「来いよ!」って言ってくれて。
「んじゃ75%くらいの確率で行くわ!」
っていって、まぁもしほんとに行くようなら連絡するーなんて言って別れました。
でも、確かに沖縄に行きたいって気持ちはあったんですけど、俺、なんも知識ない。
環境社会学は学んでたけど、単位を取るためにやってたようなもの。
一般人に毛の生えたくらいの知識しか無いアンポンタンなのに、沖縄行って何ができんだろ?
どうしようどうしよう
75%くらいって言ったけど、この時点では本とは40%くらいしかありませんでした。
40%は純粋に行きたいって気持ち。
60%は無理、行ったってやることねぇ、俺なんかじゃなんもできねぇって気持ち。

あぁどうしよう

って悩み続けてたんだけど、取り合えずお金をためることにしました。

・・・スロットで。
この辺がほんとにアホですわ。
懲りない、学ばない。
でもどうやら調子は戻ってきてくれたみたいで、順調に勝つことができ、お金もちょいちょいたまってきたよ。
でも、相変わらず「どうしようかなぁ」
「今の暮らしも楽なんだよなぁ」
なんて考えてました。

で、数週間くらい経って、その友人が痺れを切らしたのか、郵便を送って来ました。
「俺はこれを聴いて、生き方を学んだ」
「生き方を探してるなら、聴いてみ?」と。

ん?CDか。
大して興味ねぇなぁ。なに?講演のCD?
ますます興味ねぇなぁ。


もうね、ダメ人間全開。こんな奴が友達だったらホント嫌だなって思う。


でも、折角送って来てくれたし、一応聴くってのが礼儀ってもんだよな。
と、車の中で聴くことにしました。
これなら運転しながら聴けるし、楽だべ。



でね、聴いたよ。


適当に聞き流す程度のつもりが、目的地についても駐車場に車を停めて、最後まで聴きました。
途中、泣きそうにもなった。
俺、ほんとにクソだなって思った。
俺の中での世界には俺しかいなくて、他人に害こそ与えるものの、利益なんかひとつももたらさない。

俺その時、フットサルやりてぇって思って声かけてたんだけど、全然あつまらなかった。
それも、まぁ当たり前だなって思った。
俺がかける集合なんかに集まるような価値はない、俺なんかにそんな価値はない。
カリスマ性もない。

いや、大げさなんだけどさ、そんときは本気で思ったんだよね。その講演を聴いた後。
誰を憎んだわけじゃない。たった10人さえも集められないような自分がとことん情けなかった。


「あなたがフットサルをやろうって言うなら、あなたが集合って言うなら、何を置いてでも行きますよ!」ってみんなが言ってくれる、そんな人間になりたいなって思ったんだ。
そんな理想像も、今のまんまじゃ土台無理な話。
誰一人ついてこないのは当たり前。


だって俺、人に喜ばれるようなことさ、なんにもやってないもの。
人に喜ばれることしてないのに、自分がこれやりたいからさ、協力してよなんて頼むのは都合良すぎるよ。


俺に人を集める力、誰かに集まってもらえるような価値が無いのは誰よりも俺自身が分かってるから、つらかったなぁ


・・・結局、「俺神奈川離れるから最後に一緒にやってよう」と泣きついたところ、心優しい方々が集まってくれて、フットサルはできました。その説はどうも。卑怯でごめん。


(友人が送ってくれたこの講演は、中村文昭さんって言う結構有名な方の講演で、聴いてると熱くなります。
人生の生き方に迷ってる方、是非聞いてもらいたいです。
なんとなく大学に通ってる方、是非聞いてもらいたいです。
興味のある方はご一報ください。
CD焼いて送ります。)


ほいで、俺は前々から思ってたことがあるんよ。
親孝行。親孝行したいよ。
もちろんね、お金を稼いで、親に仕送りを送って、豊かな生活をさせてあげるっていうのも立派な親孝行だと思う。
だけどさ、何か世のため人のために尽くして、自分のやることに賛同してついてきてくれる、慕ってくれる人を持つっていう、人として優れるっていうのも立派な親孝行になると思うんだ。
でさ、お金を稼ぐっていうのは30になってからでもできる。
でも、世のため人のために体を動かすのは若い今じゃなきゃやりにくいと思うんだ。
だから、まずは人のために何かをしようって思った。
今までは、そういう考えを持ってただけで実行しなかった。
でも、今度こそは実行しようと思った。
本当に一生懸命に生きるっていうことを、この講演で学んだよ。


で、この講演を聴いて、決意は80%になりました。
でも、実際考えるとやっぱりまだ不安。

どうしようかな、どうしようかな。


あともう一押し。
その最後の一押しをしてくれたのが、車の中でたまたまi podから流れた曲でした。
それは最後に載せます。


それで、さぁ決意は100%だ。
もうすぐ誕生日。24になって、ちょうど人生二周り。
人生の約3分の1を終えたし、第二の人生の始まりだ。
ということで、24歳の誕生日を終えてから行こう。
と決め、大体の日程のめどがついたんで、ゼミの友人に連絡。

俺「沖縄行くわ!」

友人「ごめん帰ってきちゃった!」


・・・


中々現場に出させてもらえない、質が悪い
などなど、理由は色々あるみたいですが、そいつを頼ろうと思ってた俺は道が急に閉ざされたわけですわ。


でもね、俺は一生懸命に生きるって事を学んだよ。
「じゃぁ俺もやめるか」とは思わなかった。
頼る人がいなくなったなら自分で動けばいっか。
ゴミ拾いとか、ボランティアとか、やることはきっとたくさんあるだろうさ。
何でもいいさ。今自分に出来ることをやろう。
折角沖縄行くなら、写真とかも撮りたいな。
それでさ、沖縄のきれいなところ、環境が破壊されてるところとかさ、沖縄の良さも悪さも伝えてみたいな。
環境問題について一番大事なことは知ることだ。それは勉強した。
でも、多くの人は知らない。
環境問題に取り組んで、それについて俺がHP上で書いて、誰かが知ってくれたらさ、それだけでも俺が沖縄に行く意味はあるんじゃないかな。

よし、がんばろう。

取り合えず3ヶ月半っていう短い期間だけど、行ってきます。
長い文読んでくれてありがとうございました。
暇な方、沖縄きたらいいじゃない。
ね。



Mr.Traveling Man


「何か違う」そんなふうに今を疑っては
狭い檻に閉じ込めてた地図に手を伸ばすよ
欲しい物は的を得てる答えばかりではない
ハジケすぎな論理でもいい無謀な旅に出よう

すれちがったあの風はもう二度と出会えないもの
だけど儚くも大らかに空を駆けていった

願うのなら望むのなら立ち止まらずに進もう
渡り歩くこの世界は時に厳しいけど
まだ見えないまだ知らない道がそこにあるなら
夢は生まれほんの少し僕を強くさせるよ

Hello, Mr. Traveling Man

「細く長く」そんなふうに堅実な毎日
落ち着かないポテンシャルを飼い殺してないか?

ギラついた太陽は両手を拡げ待っている
もはやつまらぬ迷いや悩みなんて溶けていった

尽きる日まで朽ちる日までただひたすらに進もう
すがりついたこの世界が時に冷たくても
もしも急にもしも不意に道が途切れたのなら
破れそうな僕の地図の2ページ目を捲るよ

Hello, Mr. Traveling Man

願うのなら望むのなら立ち止まらずに進もう
渡り歩くこの世界は時に厳しいけど
まだ見えないまだ知らない道がそこにあるなら
夢は生まれほんの少し僕を強くさせるよ

Hello, Mr. Traveling Man
[PR]

by child-of-children | 2007-06-27 01:40 | LIFE

好きって

一生かけて言わせてみせるっちゃ


ラムちゃんいい。
ラムちゃんいい。


あの、おじいちゃんってぇのはなんであんなにも運転がノロノロしてるんですかね?
スピード出すと、流れ行く景色に動体視力が追いつかずに事故っちゃうんですかね?
昨日もね、昼過ぎにスロットに向かう途中っていうか、家を出てから10分後くらいに、前の車がずーっとちんたらちんたら走ってるんですよ。
40km制限の所を30kmで走ったり。原付と勘違いしてらっしゃるんでしょうか。

で、まぁそのうちいなくなるだろうと思ってたんですが、ひたすら僕の行く先々を走ってはる。
若干スピード狂の気がある僕にとってはとても由々しき事態ですよ。

しかもなにを隠そう私、このとき猛烈に腹が痛くて。
もう人間こうなると穏やかな心ではいられないもんですよ。

音楽も切って、前の車が早く走るようにひたすら集中してテレパシーを送るのみ!
もはや残されたみちはこれしかない。

それでも全然進まないし信号にはひっかかるしでイライライライラ。
腹痛の波は押し寄せては引いての繰り返しだが、ペースが早くなってきてる。

しかし目標のトイレまであとは橋を渡るのみ。
よくここまで耐えた。
だけどね、前の車は相変わらずちんたら走ってる。

怒りに任せて「早く走れよ!」ってハンドルを叩いて叫ぶとピュリってもれそうになっちゃったりして。
あひゃぁ。

人間、ゴールが近づくと気が緩むもんですわ。
限界の値が一気に下がる。
やばい、本気でやばい。
もうすぐ24にもなろうという者がうんこもらすなんて洒落にもならん。
肛門は決壊寸前、もうもちません!

パチ屋に着き、迅速に駐車をして、かなりの早歩きで店内入り口へ!
走れ!?
あほぅ!走ったらその衝撃で決壊してしまうでしょう!

それでその店の入り口が自動ドアなんだけど、開かないんさ
なんで!?なんで!?
よく見てみると「軽くお触れください」

くそ!!

強打して空け、入店。
まだ2回くらいしか来たことなかった店だからトイレの在り処がわからない!
便所はどこだ!?
肛門ではウーウーとサイレンが鳴り響いてる。危険ですのでお逃げください。


そこで一瞬で考えた。
今までいったパチ屋の統計的に、カウンターから見て店の左半分にトイレがあること多し!
僕の頭の中のワープロがスーパーコンピューターに進化した瞬間だったね。
左側を回っていくとありました!おトイレ!



すぐさま個室にはいり、ズボン等下ろすともうね、ドシャー!!
土石流ですよ。雲仙普賢岳を彷彿とさせるようなすさまじさ。
あぁ、助かった。俺は助かったんだ!
生きてるって素晴らしい。
おけつがさらさらって素晴らしい。


でも、腹痛くてトイレにこもってがんばって悪の親玉をひねり出してると時って、本気で死にたくなるのは何故なんでしょうね。




a0066748_122805.jpg


さ、打って来ましたよ新猪木。
一昨日だけどね。
出来としては、まぁそこそこといった感じじゃないでしょうかね?
演出は結構前作までを踏襲しているので、猪木を今まで打った事のある人だったら楽しめるんじゃないでしょうか?
でも演出の処理速度が遅くて、1回演出が終わって次のゲーム早打ちすると、演出がついてこれずに中途半端に演出があって終わってしまうというようなことが多々ありました。
その点を除けばまぁ演出面に関しては問題ないんじゃないでしょうか?
強演出、中演出、弱演出とバランスが取れてると思います。

出玉率に関してはね。
HEIWAお得意の6で107%ですから。まったりですね。
でもコイン持ちがよくは無いので、低設定なら死亡確定ですね。死亡どころか爆死です。
5100分の1の闘魂BIGを引いたって、所詮RT200。
アストロタイムを引いたほうがどんなにいいことか。
闘魂BIG2回引いたけど、RT中にボーナス引けなくてスルーしたし。

総評としては、高設定なら打ってもいいかな、くらいの台ですね。


昨日はラムちゃんと8時間戯れてました。
3400枚。おそらく設定8くらいかと。
ラムちゃんかわいいね。
原作読んだことないけど、演出とかHB中のムービー見ただけで少し感動したよ。
あんな押しかけ女房なら三つ指ついて迎えるよ。

こんど原作買ってみよ。
[PR]

by child-of-children | 2007-06-06 12:27 | SLOT