どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


取りあえず僕らの旅もまた終わり

とうとう2005年最後の日ですね。みなさん、充実した一年を過ごせましたでしょうか?
ぼくは今年4年生になり、悠悠自適に暮らしてきたせいか、とても速く時が過ぎたようにかんじます。感じるべき責任があったのかもしれませんが、そんなものは気にもとめずに仲間達と楽しく過ごさせていただきました。
速く過ぎ去っていった時間は、おそらく充実していたと思います。
ありがとう。

さてぼくの生活の主流となっているスロットですが、本日打ち納めに行き、9252枚のメダルを獲得し、有終の美を飾ることができました。
来年は状況が厳しくなってくると思いますが、精進して頑張りたいと思います。
では、よいお年を。

今年から始めたこのblog、読んでいただきありがとうございました。
また来年も駄文ですがちまちま書いていこうと思いますので、もし暇があれば覗いていただけたらありがたいです。

アデュー!

今年の収支+1,389,900円。
目標達成!
[PR]

by child-of-children | 2005-12-31 23:12

死と再生を繰り返す生命・愛

皆様はおそらくインフルエンザの怖さを知っているでしょう。
しかし、その何倍も恐ろしいようなウイルスがいるのをご存知であろうか?
そのウイルスが体内へと入り、潜伏期間を経て発症してしまうと致死率100%である。
皮膚は途端に腐敗し、激しい痛みとともにぼたぼたと崩れ落ちてしまう。体温は50度を超え、血液は沸騰し、眼球は落ち、そこから血液が激しく流れ出す。
発症してからほんの10秒たらずで死を迎える。しかしその10秒間は地獄の苦しみを味わわなくてはならない。見るも無残な最期を迎えなくてはならない。

なぜ、このような話をしたのか?

あまりに悲しいため、つい頑なに隠し続けてしまったが、この場で告げたいと思う。


ぼくは、そのウイルスにかかっている。


どうやらぼくが5歳くらいの頃に受けた手術で、輸血をした際にその血液から感染してしまったようなのだ。

だけどみなさん、どうか悲しまないでください。

ぼく自身も、何一つ心配していません。

ぼくはこれまでの人生、あまりにも幸せ過ぎたと思います。
まさに身に余る幸せであり、その分不幸なことを味わうのは当然のことだと思います。
だから、ぼくはこの運命に従いたいと思います。
謹んで受け入れたいと思います。
そりゃぁ思い残すことは多々あります。
ぼくは自由奔放に生きてきたため、親には苦労をかけっぱなしで、まだ何一つ恩返しはできていません。いつかぼくが一人前になったら、今までに受けた恩を倍返ししてあげたいなと思っていました。
共に遊びまわった仲間たちと、もっともっと遊びたいという思いもあります。
ぼくはまだ人生の1/4程度しか生きていません。
これから先訪れる残りの3/4の未来が一体どんなものなのかというのはすごく気になります。

だけど、仕方ないのです。
いやだいやだと泣いて誰にすがっても、どうしようもないのです。
悪しきウイルスは、ぼくの中に深く深く根を張ってしまっているのです。
拒否したところで、どうにもならないのです。

だからぼくは、一日一日を一生懸命に生きていきたいと思います。
早く一人前になって親孝行ができるように、それに加えて悔いの残らないくらいにみんなと遊びまわりたいと思います。


ウイルスが発症する、20000年後までに。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-29 00:59 | LIFE

出口のない自問自答

朝もはよからこんばんわ。
最近はいっつも明け方までバスケやらなにやらをやって遊んでるんで、寝るのはこんな時間です。
でも今日は更新します。
何気にいろんな人が見てくれているようなので、がんばります。

さて、といっても話題はバスケなんだけど、いやはやこれが面白い。
仲間内でやるとものすごくドキドキして楽しいです。
是非とも、皆様やってみてくださいな。

で、世界中で数百万人の人がこのバスケをやってるらしいんだけど、もしこれがサッカーだったらこんなには面白くないし、競技人口もすくなかったんだろうなぁと思う。
だって、想像してみてください。

サッカーは11人でやるもんですよね。
それで一人一人勝手に好きなポジションを選べるわけですから、当然フォワードとかミッドフィルダーが人気になってくるでしょう。
そりゃそうだ。
もしキーパーなんか選んでしまったら、下手したら一度も画面に映ることさえなく、「GOOD JOB!」とか「PASS ME!」言ってるだけで試合が終わってしまうかもしれない。
キーパーだからそんなにパスなんてもらえるわけないし。
でもいなかったらいなかったで困るから、非常に重宝される。
「おつです。いい声援でしたねw」
「あの声援のタイミングはすごかったっすw」
とか、無駄にほめられることになるだろう。

だけど、やってる本人は非常につまらない。
でも、重宝される。

もはやわけわかりませぬ。

やっぱり、バスケでよかったんだなぁと思う。

今年も残すところあとわずかですなぁ。
なにかやりのこしたことあったかなぁ

最近あんまりぺヤングたべてないしライフガードのんでないなぁ。

よし。年越しそばはペヤングに決定。
四角さに愛情込める粋なやつだぜ。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-28 06:40 | LIFE

宗教かぶれが僕にこう問う「Hey!あなたは幸せですか?」

さて本日はクリスマスです。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?キリスト教でもないのにカップルの人はラブラブしてますか?
無念にも一人の人は元気にネットやってますか?

キリストの誕生日。
全世界がキリスト教というわけでもないのにクリスマスを世界中で祝うというのには矛盾を感じずにはいられませんが、まぁ、よしとしますか。
ぼくの家はキリスト教で、ぼくも子どものころは教会へとちょくちょく足を運んでいました。
教会でみんなで聖歌を歌ったり、ごはんを食べたりお祈りをしていたりしていました。

その聖歌の中でとても印象に残っているのが、「幸せってなんですか?」という歌いだしの歌だった。

その歌は鳥に幸せとは何か、星に幸せとはなにかと問いかける歌だった。
鳥は誰よりも空高く飛ぶことであり、星は誰よりもきれいに輝くこと。

・・・今思い出してみると、子どもの聖歌ながらなかなか深い歌だなぁと思う。

幸せってなんですか?

この問いに、誰か明確な答えを出すことができるでしょうか?

ある実業家はお金を稼ぐことだと答えるかもしれないし、ある真摯な政治家は国をよくすることだと答えるかもしれないし、遠い空の下で暮らす人は、その日ご飯を食べることだと答えるかもしれない。

皆さんの幸せはなんですか?
恋人と楽しく過ごすことですか?
無事に卒業することですか?

ぼくは・・・何だろう?

幸せ。

ぼくの中でも、幸せっていうのはずいぶんと形を変えてきたと思う。
ガキの頃はおいしいカレーを食べたり、サッカーでオフェンスをとめることが幸せだったと思うし、それ以降は恋人と過ごすことがとても幸せだと感じていた。

今は・・・何だろう?

今は特になにも望むことはないけれど、楽しい仲間とワイワイと喋ったり、何をするでなくても一緒にくだらない遊びをしていたらそれで幸せだと思います。

幸せなことはその時々、自分の周りの環境、自分自身の心境次第で変わりうるものだと思うけど、みなさんどうか今、そしてこれから先の幸せを、その時その時に見失わないように心がけてください。

どうか、世界の皆さんが幸せでありますように。


別に死のうとか思ってるわけではないのであしからず。

ほいじゃ。

書くこともないのでぐだぐだと綴ってすみません。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-25 03:26 | LIFE

everything is made from a dream

さて皆さん、セロというマジシャンをご存知であろうか。
片言の日本語を使いながらマジックをするナイスガイである。
本日は家族全員でセロpresentsのMagical Night 2005というショーを、大磯プリンスホテルへと観にいった。
a0066748_22413349.jpg


プログラムはディナーが1時間半、マジックショーが1時間という構成で、まずはお食事タイムだ。
料理はフランス料理のフルコースで、でっかい皿にちんまりとした料理が次々と運ばれてきた。
味はなかなか普通で、可もなく不可もなく、どっちかといったら不可寄りかなという感じの味だった。
そして中盤戦くらいでパンが皿に乗せられた。フランスパンのちっちゃいやつ。
ぼくは当然のようにそれを掴み、そのまま口へと運んだ。

うむむむ。固い。
噛み切れないじゃないか!
ふんっふんっ
日本人のあごは弱くなってるって本とだなぁ

と、孤軍奮闘していると、家族が笑っているのに気づいた。
なんだよ!?なにがおかしいんだよ!?

「フランスパンってのは、手でちぎって口に運ぶもんだぞ」
兄が優しく諭してくれた。

・・・兄者、そういうことは早く言ってくれ。

そうか。お上品に食えということか。
そんなこと学校じゃ教えてくれない。
セレブの世界も何かと難しい。

で、ディナータイムも終わり、アナウンスが流れ、いよいよショーの始まりだ。
お姉さんの艶かしいダンスが終わると、いつの間にかセロが登場していた。
おぉ!本物!
バンドのライブもそうだけど、映像で見るのと実際に見るのとでは感覚としてはかなり違う。
セロもミスチルも、普通の人間なのだ。

で、マジックの内容だが・・・

すごい!

感動した!

物体の空中浮遊やタバコを使ったマジック、人の消失や物体の瞬間移動など、さまざまなマジックを披露してくれた。

カードを使ったトリックは3つ見破ることができた。皆がおぉぉ!と騒いでいるときにぼくはしめしめ。してやったりとほくそえんでいた。

というか、こんな見方をしていたらつまらない。
マジックは見て驚くから感動するものなのだ。

はじめから疑ってかかる。
大人になるって嫌ですね。

だけど、最後のマジックはぼくも純粋に感動することができた。


「明日はクリスマス。僕は毎年この時期になると一つの思い出を思い出します。
僕はカリフォルニアに住んでいました。そこである年のクリスマス、近所に住む小さな女の子が、『セロ、今日はクリスマスだからきっと雪が降るよね?』と僕に言った。彼女の名前はナタリーと言いました。『ナタリー、僕らの住むカリフォルニアは一年中天気がいいから雪は降らないよ。』そういうとナタリーはひどく寂しそうな顔をしてうつむいてしまいました。『ナタリー、じゃぁナプキンを持ってきたら僕が雪を見せてあげるよ。』そういうと、ナタリーは急いで家へ帰って、ナプキンを一枚持ってきて、僕に手渡しました。『見ててごらん、ナタリー』」

そういうとセロはナプキンをちぎってはそれを撒いた。

・・・確かに。
雪に見えなくはないけど・・・その程度か!?

「ナタリーも、今の皆さんのようにつまらなそうなリアクションでした。」

こいつ、おもしろいやつだな。

「ナタリー、ごらん、ナプキンはまだ残ってるよ。ほら、ごらん。」

そういってセロはナプキンを広げた。
するとそれは見事な雪の結晶を形作っていた。

すげぇ。そのためにちぎってたのか。曲者め。

「ナタリー、でもこれは本物じゃない。本物の雪は、水からできてるんだ。」

そういうとセロはその雪の結晶を水へと浸し、握り締め、念じる。

するとセロの手からたくさんの雪が宙へと舞っていった。
観客は沸き上がり、壮大な音楽も流れ出しエンディングへと向かっていく。

ダンサーが現れ、セロも一緒に踊り、何もないところから大きな旗を取り出した。
それをダンサーとともに左右に大きく振る様は、バイバイ!と言っているようだ。

そして皆が拍手をする中、セロは旗を振り下ろした。
するとそこにはとても大きくてきらびやかなクリスマスツリーが立っていた。

あぁぁぁぁぁぁぁ
あんたって人はぁ。

正直、抱かれてもいいと思いました。
憎い!きたねぇ!ぼくが女の子だったら身も心も捧げてますよ。

で、特番の告知をして、幕が降りて終演となった。

いやぁ。これは2万5千円の価値はあるね!
やっぱりエンターテイナーってかっこいいですよね。

ちなみに、その特番は1月10日の19時からフジテレビで放映されるそうです。
本当にすごいマジシャンだしかっこいいので、もし暇があったらご覧あれ。
抱かれてもいいって思いますから。

-----

さて明日は12月24日のクリスマスですね。
みなさん、誰かにあげるクリスマスプレゼントはもう買いましたか?
買っていない人は真心をプレゼントしましょう。
要は大事なのは気持ちですから。

家々は見事にデコレートされ、街も華やかにライトアップされ、人々はすっかり浮かれ気分。
そんな綺麗な景色を見ていると、普段はダークなぼくも素敵なことを想像したりする。

明日は、雪が降ればいいなぁ・・・☆


なぜかものの数十分で3メートル以上の大雪が降り、交通機関は麻痺し待ち合わせの場所へ行けず、それが元となりケンカし、破局するカップル多数。その前から一緒にいた人々は生き埋めになり、死傷者多数。
翌日、雪の中から掘り出された遺体の中に、手をつなぎあって安らかに眠る恋人たちが発見され、それを元にぼくが書いた小説が大ヒットし、ドラマ化され映画化され、ぼくは日本を代表する作家となる。

ごめんなさい。

一人身の寂しいやつのひがみです。しかもややパクリだし。

世界中の人々が幸せになりますように。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-23 21:36 | LIFE

一吹きで消えそうな儚い願い

どうも。いろいろと忙しくて更新が滞ってしまい、非常に申し訳ありません。
で、久々の更新なのですが、友人に不幸があったので今日は喪に服したいと思います。
バカなことを書くのは流石に不謹慎なので。


誰もが気づかぬ内に 何かを失っている
ふと気づけばあなたはいない
思い出だけを残して

せわしい時の中 言葉を失った人形たちのように
街角にあふれた野良猫のように
声にならない叫びが聞こえてくる

もしももう一度 あなたに会えるなら
たった一言 伝えたい

ありがとう

時には傷つけあっても あなたを感じていたい
思い出はせめてもの慰め
いつまでもあなたはここにいる

もしももう一度 あなたに会えるなら
たった一言 伝えたい

ありがとう

ありがとう


I'm sorry, my friend.

また明日からちまちまバカなことを書いていきたいと思います。

では。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-21 23:53 | LIFE

この世界は今日も美しい

さて最近、卒論を書くためにぼくはクリーンエネルギーについて勉強している。
クリーンエネルギーとはその名の通りキレイで環境に優しいエネルギーで、風力や太陽光によって作られた電気のことである。
じゃぁなんでクリーンエネルギーが必要なのか?
それは、今使っている石油や石炭が限られた資源であり、しかもそれらを燃焼させることでCO2が発生して、地球温暖化にも繋がってしまう。
今人類が使っている80%がそれら化石燃料によるエネルギーで、環境破壊がものすごいスピードで進んでいる。
この環境破壊の解決策としては、当分の間は省エネに努める事だ。しかし省エネというのは環境破壊のスピードを遅らせるだけで、抜本的な解決には至らない。
だからこそ、CO2の排出もなく、地球に優しいエネルギーを作るために風の力、太陽の力、波の力、潮の力などの自然のエネルギーに切り替えることがこれから先、というか、できるなら今すぐに必要なのだ。
それらクリーンエネルギーが世界中で生産され、使用されるようになれば、石油の権利を巡る各国の争いもなくなり、いいこと尽くしなのだ。

酸性雨というのも、ガソリンを含んだ化石燃料を燃焼させると窒素酸化物や硫黄酸化物が発生して上空で化学反応を起こし、硫酸イオンや硝酸イオンへと変化し、それらが酸性雨となってぼくの頭に降り注ぐのだ。
当然、ぼくの頭の砂漠化はすさまじいスピードで進行し、数年後には絶滅危惧種としてぼくの中で頭髪が指定されるかもしれない。というか、明確である。
ぼくの頭を救うためにも、皆さん環境を大切にして、クリーンエネルギーの開発をちょこっと考えてみてください。

ぼくの愛用している電動歯ブラシも、3ヶ月くらい前から動かなくなり、ただの太くて重い歯ブラシへと変貌をとげた。
これも時代の流れに乗り、人力というクリーンエネルギーへと変化したということだろう。

これで、胸を張って生きていける。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-11 22:50 | LIFE

置き忘れたままの teenage dream

月に代わっておしおきよ。


今日は珍しくギターの練習をしていると、ドアをノックする音が聞こえた。母親だ。
親戚の人が来ているから挨拶なさいとな。
知っているのはお婆ちゃんだけで、あとはみんな知りませぬ。
で、まぁ晩御飯の時間だからその人たちと一緒にご飯を食べていたのですが、親戚同士の話は競馬とかパチンコとかの話に花が咲いていました。

血は争えないなと思う一時でした。



さっき、12chでコスプレ選手権みたいなやつをやっていた。そんなものをみているぼくもどうなのかという話は置いといて、なかなか面白かった。最後の方しかみなかったけど。
なにやら普通の人(?)が、アキバのピンチの際には変身して、アキバを救うみたいな感じで、その救うヒーローをオリジナルで考えてコスプレして、そのコスプレの評価を競うというような内容だったと思う。

なんかおでんのヒーローに変身するとか、関東の片田舎から週一でアキバにでてくるやつが変身するとか、皆いろいろ考えていた。

で思ったのだが、もし本当に何かの間違いで遠い星とかから気持ち悪いエイリアンがアキバに出没して攻め込んできたらどうするのだろう?
本当にあの格好に着替えて(変身して)、「アキバの平和を乱すものは私が許さない!」と戦うのだろうか?

ある日、平和なアキバに1機の大きな円盤が降り立った。1匹の気持ち悪い汗だくなリーダーエイリアンを筆頭に沢山のの部下がいた。
「ぐぇっへっへっへ。ポスターとi podとリュックサックはすべて頂いていくぜ。あとついでにフィギュアもだ。すべての電気もいただくダニ!」
「野郎ども、お前らもやっちまうダニ!」というリーダーの合図と共にヒィーヒィーとたくさんの部下がアキバのさまざまな店に襲い掛かる!
あるものは店頭のゲームを一人で何時間もやり続け、後ろには順番待ちの大行列が出来上がり、車道にまではみ出て道は大渋滞。
会議にも大遅刻で、取引先の山本さんもプンプンだ。
あるものは百円玉を入れずに力まかせにガチャポンをやりつくし、店は大損害。プレミアのフィギュア、リオを狙っていたDくんもひどいショックで泣いてしまった。
あぁ、もうおしまいだ、俺たちの聖地アキバはなくなってしまうんだ。
誰か、救世主はいないものか…
とそこに、牛乳瓶の底のようなめがねをかけた暗い感じの女の子が現れた。
そして突然、ものすごい高音で叫んだ!
「アキバの平和を乱すものは許さない!メタモルフォーゼ!!」
眩い光に包まれ、女の子がみるみる内に変身していく!
「ふっふっふ、誰ダニ?お前は?」
「サイバーメイド クラッシャーアンナよ!」
「ふっふっふ、よくわからんハエダニ。お前たち、やっちまうダニ!」
ヒィーヒィー!
部下たちはクラッシャーアンナのリュックサックを漁り、フィギュアを見つけては油性マジックで顔に落書きをし、パンツには茶色いペンで細工をした。
同人誌を見つけては「うんこ」という言葉をあちこちに書きなぐった!
ひどい、ひどすぎる!
さしものクラッシャーアンナもこのスピリチュアルアタックの前には無力であった。
へなへなと崩れ落ちるこの変な女を見て、とどめダニ!とi podの曲を消しにかかった!
しかし!この変な女はこんな時のためにキーロックをかけておいたのだ!
「ぬぅぅ 操作ができないダニ!新しいi podはわからないダニ!」
変な女はこのチャンスを見逃さなかった。
腰に携えた銃を取り出して裏声で叫んだ!
「今だわ!ビリビリラブリーサンダー!!」
ビリビリでラブラブなサンダーがエイリアンを包む!
「ぬ、ぬかったダニー!!」

ハート型の恥ずかしい光に包まれ、エイリアンは気持ち悪い汗だくなエイリアンから、太っていてめがねをかけていてリュックサックをしょっていてしかもポスターがはみ出ていてi podを聞いていて湿ったバンダナをしている汗だくの青年に変化した。

「さ、これであなたもここで生きていけるわ。もう2度と私を困らせるようなことはしないでね、ご主人様。」

青年の目には光るものが溜まっていた。

もしかしたら汗かもしれない。

こうして、アキバの平和は守られたのだ!ありがとう!サイバーなんとか!


近い将来、地球はサイバーメイド クラッシャーアンナによって救われるかも知れない。


ビリビリラブリーサンダーが敵に効くのかどうかははなはだ疑問であるが。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-08 23:55 | LIFE

お気づきですか?あなたもモンスター

ちびまるこちゃんがはーじまーるよー!

どうも。

最近バスケットのせいで睡眠時間がすごく不足している筆者です。


今日、大学でお昼ご飯を食べていたら後輩の女の子がやってきて、唐突に「やすさん(ぼく)ってティッシュですよねー」と言われた。

…ティッシュ?

……ティッシュ?

まったくもってわけがわかりませぬ。

確かにティッシュといえば、日常生活もとい性活には必要不可欠な重要なアイテムなわけですが…
あぁそういう意味で言ってくれたんですか??
日常的な性活にぼくが必要だと。

いやぁ照れるなぁ

ちょっぴり恥ずかしいけど、素直にありがとうと申し上げたい所存でございます。


って絶対ちがいますね。ごめんなさい。

さ、みんなが0か1かだけの世界でぼくをまっているのでこの辺で。

本日の収支 夢夢DX +23k
[PR]

by child-of-children | 2005-12-06 23:19 | LIFE

ご存知ですか?僕はモンスター

いけいけGOGOジャンプ


昨日、地震の話をした。それに関連したすごいことを昔考えたを思い出した。

高校の頃かな?

授業は当然つまらなくて、どこの国を一番怒らせたらだめかというのをひたすら考えた。
アメリカは事実上世界を牛耳っている感じがあるし、核兵器もきっと持ってるから怖い。
でも本当に核を廃棄したら戦力は一国だけではそんなにたいしたことはないんじゃないかな。連合国を作ったら。
イギリスとかイタリアとかはよくわからない。ぼくは世界史が苦手だし。
アメリカか?

結局アメリカしか知らないからアメリカが1位に輝いた。

ほかは中国とかは人が多いだけだからなぁ。

ん?

中国の人口は世界一か。

あぁ!一番怒らせたらいけないのは中国だ!

もし中国の人たち全員が一つの場所に集結して、そこでたとえ1mの高さからでも、いっせーのーせで人々がジャンプしたら大地震が起こせるじゃないか!
大地の神タイタンのように!
中国の裏側に位置する国はたまったもんじゃぁない。大打撃を受けるだろう。
ビルは倒壊し、大地は避け、液状化現象があちこちで起こる。
もしかしたらあまりの勢いで地球の軌道が変わって月と衝突もしくは地球そのものが太陽に飲まれてしまうかもしれない。
恐るべき中国。

ぼくはその日以来キムさんだけは怒らせないように努めているのだ。

…ただこの作戦アースクエイクの弱点は、作戦を実行した中国が一番、壊滅的な打撃を受けるということだ。

震源地中国。

でも、一度は是非ともやってみてもらいたい。
一度だけでいいから。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-06 00:47 | LIFE