どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

天国行きのバスで行こうよ

さっき帰宅したら驚いた。
今日家を出る前に猫のエサをたっぷりあげといたんだけどさ、それでもどうやら足りなかったみたいで、まだ袋に入ったままだったドックフードを無理やり空けて食い散らかしていた。
あやつの食欲は半端じゃないってことは知ってたけど、まさかこれほどまでとは。
恐れ入った。


僕の人生のとりあえずのプランの一環として、吉永小百合主演の映画、「あぁ、ひめゆりの塔」を観た。

大体の流れは文章とか写真とかで知ってたんだけど、いざ動画でドキュメンタリーとしてみたらやはり衝撃的でした。
弾丸の降り注ぐ中を必死で走ったり、敵の少ない夜中、雨の中を泥だらけになって何十キロも歩いたり、その道中で死体が転がってたりしても、手榴弾で自決する人がいても見向きもしない。
それほど凄まじいものなんだね。戦場ってのは。

やっぱりね、血で血を洗う「戦争」ってのはどんな理由があるにしてもやっちゃいけないと思った。
いつだって命を失うのは、何の罪も無い、弱い一般市民だもんね。
なんの知識も無い、青春を謳歌すべき年代なのに戦場に駆り出されてさ、傷ついた兵隊さんの手当てに追われて、挙句戦争でもう勝ち目が無いからって、あとは各自で戦線を突破して生き延びろって解散命令をだす。
武器も何ももってない、食料も持ってない、持ってるのは自決するための手榴弾だけ。
そんなん、「死ね」って言ってるのとまったく一緒じゃないですか。
まったくもって恐ろしい。


戦争はイカン。
ましてや国民を騙し続けて、最後には放り出すなんてもってのほか。
かつての日本はどれだけ馬鹿だったんだろうと思うと情けない。



さ、昨日、後輩の誕生日パーチーとやらに招待されて行って参りました。
働いてる人もいたんだけど、話を聞くとそいつはどうやら非常に楽しみながら、充実した日々を送っているようでした。
いやぁ、なんか嬉しかったね。
素直にすごいなぁって思った。
みんながみんな、あんな風に日々を過ごせたら素晴らしいなぁって思う。

この前僕が書いたのは、あくまで疑問の提起ですから。
充実した日々を送ってらっしゃる方々にはなんの意味も無い、むしろ蔑むべき文章です。
僕自身だってまだまだ目的とかそういうの見つかってないし。
とりあえずはやりたいと思ったことを消化していこうと思ってるだけです。
ただね、よくわからんけどなんとなく生きてるって人にのみ読んでもらいたかったんですわ。
それを読んで生き方変えろなんて大それたことを今の僕なんかが言えるわけもないし、読んで別に何も思わなかったならそれもそれでOKです。

ただ、ほんの数人でも、人生が充実したものとなるための一助となれれば幸いです。

まぁ、ね。
所詮薄っぺらい僕の言うことですから。
駄文です。

ほいでは。
[PR]

by child-of-children | 2007-10-21 01:56 | LIFE
<< 無 曇り空 >>