どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

でいご咲く散歩道

あなたと手をつないで



昨日は21時頃、ザ、ベストハウスみながら横になってたら寝ちゃってましたー
書こうと思ってたんだけどね。予想外。


昨日はいいともを見た後、家から9km離れたところにある中村家住宅と中城城跡に行こうと思い立ちました。
中村家住宅は琉球時代の家がそのまま残ってるもので、どんなものかと知りたかったんでいってまいりました。城跡もすぐちかくにあるし。

で、9kmの道のりの3分の2が坂道です。
非常にきつい。
汗をだらだら流しながら必死こいて登って、あと200mというところで、立ちこぎをしてると、ギアをいじってないのに急にガクンとギアが変わり、その勢いで左ひざをハンドルの止め具のネジに強打。


がはっ・・・


もうその時すごいイライラしてたんです。
サンダルがぶっ壊れてすげぇチャリこぎにくいし、車は確認もしないで歩道、側道までつっこんでくるし。
で、そのイライラの状態で膝を強打。
チャリにディスられました。


チャリ降りて、怒りに任せてチャリを蹴り倒しました。これでもくらえ!
すごい勢いでチャリ転倒。
見たか!俺の実力を!


で、膝はどうなってるかと見てみると、なんとまぁ流血。
すでにサンダルにまで達してる。

アチャー


休憩も兼ねて、持っていたポケットティッシュで止血。
ウーム
血は流れてるけど痛みは無い。
ここまで来て引き返すのもアホらしいしな。
血が止まったら進むべし!


んで傷口を押さえ続けること4,5分。
血は止まったようだ。

おし、いくべぇ
大して痛みもないし。


ほいで倒れてるチャリを起こして、再び出発。
無事、中村家住宅に到着。

見学料を払うとそこのおばちゃんが「お茶でも飲んで休んでいってくださいな」って言ってくれたんで、ご好意に甘えることに。

フー涼しい。
席に着こうとすると、おばちゃんが叫ぶ。

「ちょっとお兄ちゃん血がたれてる!」
え?まじ?

見てみると確かに血が流れ、床には血の足跡が。
うわぁおばちゃんごめん。
ほんとごめん。

おばちゃんは親切にもティッシュと大きいばんそうこうをくれた。
しかもすげぇ心配してくれて、救急車呼ぶ?とまで言ってくれた。
いや、そんな大したもんじゃないんで大丈夫です。ありがとうございます。
おばちゃんいい人だ。

で、また出血してはアカンと思って20分くらい休ませてもらって、見学に行きました。
ウーム。なんか部屋のひとつひとつが狭いなぁ。

聞くところによると、その当時は一部屋につき六畳以下じゃないといけなかったらしいです。
へぇー厳しいね琉球の王様も。
実際に部屋の中にも入れるんだけどさ、いやーあちぃあちぃ!
クーラーも無い時代、この暑さが毎日続くんだから地獄だなぁって思った。俺生きていけねぇな。

一通り見て回って、また休憩所でお茶をもらう。
沖縄はウーロン茶とかじゃなくてサンピン茶ってのが主流で、これがほんのりハーブみたいな味がしてうまいっすわ。

ほいで休憩してると、だんだんズキズキと膝が痛み出す。
どうやら痛みはないんじゃなくて、ただ麻痺してたようで。
とんでもなく痛くなってきた。
ヒィー

でもせっかくここまで来たんだから城跡もみたい。
もうちょっとだ。
血は完全に止まってるし、痛みに耐えるだけだ!
こんなときマゾの人だったら大して苦でもなく、むしろ「喜んで!」みたいな感じになるのかなぁ
僕はどちらかといえばマゾの対極にいる人なんで、しんどい。
でも城跡好きだしね。がんばる。

中城城跡は、今までみた城跡の中で一番でかかったなぁ
ひろい平原が城跡の前にあって、ここで多くの人が戦いを繰り広げたのかなぁなんて思いを馳せてみたり。
すんごい。


さぁ見終わった。
さぁ帰って安静にすんべぇ。

帰りはほぼ下り坂なんで楽は楽。

と、途中に「原爆展」ののぼりが村役場の前に立ってたんで、フラっと立ち寄る。
いや、すごい勉強できた。
っていうか、すげぇ衝撃うけた。
んで、思った。
前、終戦記念日かな?原爆のこと書いたけど、俺なんてちっちぇこと書いたんだろ。
恥ずかしい。

熱心にメモを取りながら、ずーっとその展示を見てると、主催者のおじさんが話しかけてきてくれた。
んで、戦争の始まりから沖縄戦、んで原爆投下、そしてその後のことも話してくれた。
フム。
この展示内容、そしてこのおじさんの話が事実だとしたらとんでもないことだ。
これはまた今度書きます。


結局2時間ちょいその役場にいたなぁ。
今度こそ帰宅。

無事帰宅。

足いてぇぇぇ
でもどうすることもできないんで、ひたすら安静にするのみ。


そうしてる間にいつの間にか寝てたということです。



いい休養になったメーン
[PR]

by child-of-children | 2007-09-06 23:28 | LIFE
<< 亡霊が出るというお屋敷を そうだ >>