どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

IN MY DREAM

歪み過ぎた 鎖に思えた現実があった
術も知らず ただ怯えるだけで佇んだ
孤独な時

絡みついた 美しい悪夢に犯されて
微熱にうなされ

月の光に照らされ 満ちていく海に浮かぶ女神は
何故か悲しい色の瞳をした
遠い日の僕を 抱いてた

汚れた天使の羽
飛ぶことさえ許されず
疲れ果て見た夢に 明日は無かった



久々にLUNA SEA聴いた。
中学の時に夢中になって聴いて、頑張ってコピーしてたなぁ
あの時はまさかサッカーよりも長い年数ギター弾くなんて思いもしなかったなー
久々に聴くと懐かしくて楽しい。嬉しい気持ちになる。



あ、やろうと思ってたゴミひろい、ボチボチやってますよ。
スーパーで買っておいた沖縄市指定のゴミ袋を持って近くの干潟行ったりしてゴミを拾ってます。
ゴミ拾いしてて気づくのは、ペットボトルの廃棄が多いなってこと。
まぁ暑いしね。どっかで買ってきて飲んで、それをポイって人が多いのじゃないでしょうか。
触るのも嫌なくらい汚いゴミもあるけど、ここで目をそらしてもなんかね。だめだよね。
くっせぇぇぇぇ捨てんなボケ!と憤りを感じながら拾ってます。
で、とりあえず拾ったゴミは一時我が家で保管して、ゴミの日に出してるんだけどさ、なんか市に頼めば回収日じゃなくても回収してくれんのかな?
今度、19日に初めて多くの人とゴミ拾いするんだ。
その時に主催者の人に聞いてみよう。色々。


さて最近、沖縄の天気はあまりよろしくありません。
なので家で色んな本を読んで勉強している日々です。
環境に関する本を主に読んでるんだけど、次々と地球が抱えてる問題を知っていくんだ。
卒論で、二酸化炭素の元となる化石燃料のことを2万字くらい書いたけど、そんな問題なんて本当に100あるピースのひとつに過ぎないくらい、今僕たちが住んでる地球ってのは問題を抱えてるんだってことがよくわかる。

そうだなぁ
例えばダイオキシン。
みんな名前は聞いたことあるよね。
じゃぁダイオキシンが一体どんなものなのかってのは知ってる?
食品トレイとかを燃やすと発生するってのは周知の事実。
具体的には300~600℃の温度で不完全燃焼させると発生する物質。
ダイオキシンは、体重60kgの人がたった0,04mgを体内に取り込んだだけで半数の人が死ぬくらい恐ろしい物。
よくコナンとかで出てくる青酸カリがあるけど、あれの1000~10000倍の急性毒性がある恐ろしい物質がダイオキシンなんだ。

どうですか?なんとも恐ろしい話だと思いませんか?

想像してみてください。
バーベキューに肉は必須です。
その肉をスーパーで買ったとしたら、ほぼ確実にトレイに乗っています。
肉は美味しく食べました。残るのはトレイです。
その残ったトレイ、持って帰ったりするのは面倒ですね。
どうします?燃やしますか。焚き火って楽しいですもんね。
人間とは火を見ると軽い興奮状態になる生き物ですから。

さ、炎を上げてグニャグニャになりながらトレイが溶けていきます。
あぁ、イイ。普段味わえない、非日常を満喫できた。

炎と共に出てきた煙はどこへ行きますか?
空です。
空へと舞い上がったダイオキシンは、やがて雨と共に大地、海へと降り注ぎます。
大地、海には何がありますか?
農作物、魚です。
当然、ダイオキシンに汚染されますよね。
それらを、誰かが食べるのです。
実は、僕たちが体内に取り入れてしまうダイオキシンの98%が食べ物によって取り入れられているのです。

どこかで誰かが亡くなったというニュースが流れたら、それはもしかしたらあなたが発生させたダイオキシンのせいかもしれません。

厚生労働省は、ダイオキシンは普通に生活しながら摂取する分には問題ないということを言っていますが、しかし長期的に摂取し続けた場合はどうなるのかまだよく分かっていません。
一度体内に取り込まれたダイオキシンの大部分は脂肪に蓄積されます。
そして分解され、体外へと排出する量はごくごくわずかなものであり、僕たちは日々ダイオキシンを体内へ蓄積し続けているのです。
その結果、どうなるのかは未だに分かっていないのです。

なんにしても、ダイオキシンの発生を抑えるにこしたことはないのです。


この文章を読んで、もしあなたが何か感じるもの、考えるものがあるならトレイはきちんとスーパー等の回収BOXへと入れてください。
そんな小さなことが、自分の命、誰かの命、人間以外の命をも救うことへとつながるのです。
[PR]

by child-of-children | 2007-08-10 08:03 | LIFE
<< 平和とは、自由とは何か どんな運命が待っているんだろう >>