どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ねぇ、愛ってなんなの?

って彼女が聞いて

「さぁ、愛ってなんだろう?」

って僕が返して

考えてみても 答えはないし

似た者同士で一度寝ましょうか




いやー、ね。
最近暑いね。夏が近いね。そろそろセミとか鳴くんじゃないかな。

僕はですね、幼少の頃からゲームとかマンガとかの女の子にすぐ惚れるという癖みたいなもんがありまして。
ね。みんなそうだよね。
ちょっと書いてみよう。


ドラゴンボール:ブルマ

これはもう普通でしょう。始めの方とか乳でるし。

ワンピース:ナミ、ビビ

ナミはねぇ、明るくて可愛くていいよね。ビビは心に惚れたね。だってさ、イガラムが死んだとき(ホントは死んでなかったけど)さえも泣かなかったのに、別れの時に「いつかまた会ったら仲間と呼んでくれますか!?」って叫んで泣くんだよ?
どんだけ仲間思いで大好きなんだよ。もう大好きだよ。

鋼の錬金術師:リザ・ホークアイ
14巻のラストで見せる裸の背中。
それだけで惚れるんですよ。男って奴は。ってか、俺ってやつは。

セーラームーン:マーズ

小学生の頃に放映されてたセーラームーン。男の子がこれを見ることはタブーでした。
見てることが知れたら冷やかされます。
当時やんちゃだった僕は当然「見てねーよ!」と言ってましたが、ごめん、しっかり見て恋してた。
マーズは気が強いんだけど、たまに見せる優しさが好きだったな。

MAJOR:清水、聖秀のマネージャー、寿くんの妹

うん。

道士郎でござる:白瀬エリカ

やくざの家にお世話になってる子。知らんでしょ?見た目かわいいんだ。

はじめの一歩:板垣菜々子

久美ちゃんより真理さんよりいい。明るくて可愛いよね。自分からチューしようとしちゃうような積極的なとこもあるし。
あと、トミ子、嫌いじゃない。優しいじゃん。


ドラクエ4:マーニャ

ほぼ裸ですやん。

ドラクエ5:ビアンカ

PS2でリメイクされたとき、キャラと話せるようになったんだけど、結婚前はツーンとしてるのに、結婚してから話しかけると、こっちが照れちゃうような甘い言葉を言ってくれる。でもそれがまた嬉しいんだ。
ギャップが良かったね。

FF7:ティファ、エアリス

ティファは見た目、エアリスはね、積極性。ゴールドソーサーの時にデートに誘ったのはエアリスでした。
エアリスが死ぬとき本気で泣いたぜ。俺がなんとしてもセフィロスの狂気を止めてやる、そして君のホーリーを必ず発動させてやる!
水の底に沈んでいくエアリスを見て、誓ったね。
DVDとしてFF7が発売され、再会を果たせたときは嬉しかった。

FF8:リノア

これは誰でも好きになるでしょう。
宇宙でリノアが死に掛けて、俺(スコール)があげたライオンのネックレスをみて生きる強さを得て、生き延びて、助けた後、宇宙船で「ハグハグ、ぎゅーってしたいよ。生きてるって、実感したいよ」って言われたとき、もー可愛いし、あぁ、怖かったんだな、かわいそうに。って、もうなんていったらいいのやらたまらない気持ち。コレが胸がキュンとなるってやつですよ。

FF10:ユウナ

ひたすら召喚士としての自分の使命に忠実に生きるその姿に惚れました。
だけどお偉いさんに、その使命を根底から否定されて落ち込んでる時、あの有名なシーンですよ。
泉の中で世界一ピュアなキス。
色とりどりに煌めく泉の中へ沈みながらチュッチュチュッチュ。
FF10のCMにこのシーンが使われて、思わず自分を抱きしめるっていうバージョンのCMがあったんだけど、すげぇその気持ちわかる。FF10は不朽の名作ですぜ。

ちびまるこちゃん:おねぇちゃん(咲子だっけ?)
なぜこれを一番最後にもってきたか。
それは今までで一番好きになったから!
高1の頃だったと思うんだけど、夢に1回だけおねぇちゃんが出てきたの。
その夢ってのがさ、戦場が舞台なんだ。
その戦線で戦ってるのが僕。ソルジャーですわ。
んでね、市街戦で、激しい戦闘が繰り広げられてて、あちこち飛び交う爆弾、それが炸裂して舞い上がる煙が空を覆って辺りは薄暗いの。
それで、自軍が劣勢で、逃げ回りながら戦ってるとき、道のど真ん中でボロっちぃローブを来て座ってる人がいたのよ。
こんなとこで何してる!?危ないぞ!と駆け寄って、顔をみたら、それが実写版まるちゃんのおねぇちゃん。
いや、顔は全然違うのよ?でもなんとなくわかるじゃない、夢の中って。こいつ誰々だって。
でさ、道のど真ん中なんて敵の格好の餌食になっちゃうからさ、ちょっと崩れかけのビルの中に連れて行ったの。
で、「大丈夫か!?」って聞くと、すっごい悲しそうな顔をしたのよ。
で、その表情を見たら僕もたまらなく悲しくなって、思わずチューしちゃったの。
ほいでもうその後は生々しくかけないよな、めくるめく卑猥な大人の世界ですよ。お互い戦争で家族を失ったもの同士、寂しさを分かち合うような感じで。
それはもうお互い激しく求め合ったねー
アニマルだね。
で、もう激しく求めすぎて意識が薄れていって、目が覚めたの。

でも、目が覚めても今までにないくらい求めたその情熱が残ってるのよ。
まるちゃんのおねぇちゃんに対しての。
いやぁそれでもうその日から2、3週間は現実の女の子なんかそっちのけでひたすらまるちゃんのおねぇちゃんを想ってたね。
本気で好きだったね。




俺、オタクじゃないから。
[PR]

by child-of-children | 2007-05-24 11:15 | LIFE
<< どんなに離れてても 私のお墓の前で >>