どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

昨夜見たテレビの中

病の子供が泣いていた
だからじゃないが
こうしていられること
感謝をしなくちゃな



どうもどうもこんばんわ。
最近寒いですね。冬ですね。イイですね。


ほんの少し前から、TVのCMで、「つづきはWEBで!」とかいって検索バーを最後に載せるのがクソ多いですね。どのCMも右に倣えで検索検索検索・・・もううんざり。
本当に検索している人はいるのでしょうか?
「つづきはWEBで」って言われてもね、わざわざそんなことしてまでCMの続きなんて見たくもないし。
それだけじゃなく、そういうCMが流れる度に「またですか」って、ほんの少しながらでもストレスが確実にたまっていきますね。
どうして他社のマネしかできないんですかね。
そういう時こそオリジナリティーを発揮するべきだと思うのですがね。
どのCMもそうやって視聴者に調べさせる。
CMってのは言わば広告としての媒体なんだから、視聴者=客だ。
わざわざ客の手を煩わせるってのはいかがなものか。
まったくイライラする。プンカプンカ。

今、ああいうのが主流になっちゃってるから、「検索」って最後に出てないCMの方がぼくとしては印象に残りますね。
他はどれも一緒だ。



そんな感じで、ぼくはいわゆる「流行もの」ってのが好きではありません。
・・・っていっても、このブログとかmixiも流行ものの一種か。
矛盾しちゃうな。
よし、「あまり好きではありません」と言っておこう。
でもさ、自分の書いた文章が手軽に世に発表できるんだから、ぼくにとってはこれに限ってはありがたいっすね。
で、流行ものがあまり好きではないのよ。
ブログもなんだか文字の大きさとか色を変えたり、こんなことをしたり顔文字を用いてるブログをあちこちで見かけます。
別にそれらを非難するわけではありません。
そうやって色んなことをすればもっと表現力が増えると思うし、面白くなるとも思います。
素晴らしい技術だなって思います。
でもね、だからこそぼくはあえてそれらを使わないで文章を書きたいのですよ。
決められたフォントで、飾りも使わずにシンプルな、言ってみれば大学に提出するレポートのような形で、どれだけの文章が書けるのか、どれだけの人に認めてもらえるのかって挑戦してみたいのですよ。

ね。

小生意気ですね。
すすすすすいません。

いろんなところから非難されそうだなぁ



まぁいっか。



あ、携帯等で顔文字や絵文字を全然使わないのはまた別の話です。
ただ面倒臭いだけです。


あへ。
[PR]

by child-of-children | 2006-11-10 01:43 | LIFE
<< 見え透いた嘘もいい 例えるならなんだろう? >>