どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

苦しいときも それは唯一つの真実

ジダン問題。
まだジダンの口からは事実は明らかにはされてませんが、代理人によればジダンはひどく悲しんで寂しがってる模様。
そりゃそうですよね。
ジダンだってあんな形でサッカー人生に幕を降ろしたくなかったはずです。

今回のワールドカップの優勝国はイタリアです。
だけど、なんだかどうも釈然としない。
イタリア、そんなにうまいとは思えない。
後半は明らかにフランスのがおしてて、イタリアはひたすらに逃げて、PKで勝利をもぎ取っただけ。
「点をとって勝利するんだ」という姿勢をずっと失わなかったフランスの方がどんなに世界王者としてふさわしいか。
どこのメディアもイタリア優勝については細かく記事を載せないし。
載せてるのはもっぱらジダンのことについて。

イタリアの優勝よりも、ジダンっていう偉大な選手の行動の方が気になるのでしょうね。
ぼくもそうです。

昨夜テレビを見ていたら、決勝戦後のフランスの選手のインタビューが放送されていた。
その中で、FWアンリのインタビュー内容はこうだった。


「フランス国民、代表選手すべてに代わってジダンに『ありがとう』と伝えたい。」

最後に大きな過ちを犯してしまったとはいえ、やはりジダンはかつてフランスを優勝に導いた英雄であり、多くの選手や人々に愛されているのでしょうね。
「神が愛した男」というのも、やずやのような誇大広告ではなさそうです。


世界中のメディアから非難を浴びているジダンですが、近いうちにすべての事実を明らかにするようなので、楽しみに待ちたいと思います。

とりあえず、長い間の選手生活お疲れ様でした。
希代の名将を世界はずっと忘れないでしょう。
[PR]

by child-of-children | 2006-07-11 13:07 | LIFE
<< 新たなる道を行く 僕らは未来の担い手 >>