どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

僕の胸に

君の胸に 輝いて見えるもの
風化させないでよ
時間のタオルで磨いて


さて、卒業式を終えてからもうずいぶんと時間が経ってしまったのですが、2人の人にお礼を書きたいと思います。

そもそも、このBLOGを数ヶ月前に立ち上げたのも、この為でした。

ぼくは大学に入って1年目はギターをがんばっていた。
しかし2年目になり、新しい1年生が入ってきた。
中でも、ある2人の後輩は、ほぼ毎日共に過ごし、兄弟のような感じになっていた。
彼らのおかげで、ぼくは非常に楽しい大学生活を送れたと思っています。
その二人に、この場でメッセージを伝えたいと思います。

まず、山さん。

よう。
最近どうだ?あんまり遊んでないね。
お前と仲良くなったのは、忘れもしない、猪木の新装の時だよね。
クソ寒い中朝早く始発くらいの電車に乗って、パチンコ屋の前に並んでたよね。
あの時は本当にバカじゃないのかって思うくらい寒くって、コンビニいってカップラーメン買って食ったりしてたよね。
お前は、俺以上に無口だなぁって思ってたけど、実際に仲良くなって話してみると、とんでもなく面白い奴で、なにか面白い話を延々とできるってわけじゃないんだけど、すっごく短い一言でみんなを笑わせることのできる才能の持ち主だよね。
それに、ものすごく優しい心の持ち主。
自分のことよりも、「~(人の名前)は大丈夫なんですか?」とか、いつも誰かを気遣ってた。
俺が車で送ってったり、何かをおごったりしたときでも、必ず「スイマセン。」「ありがとうございます」っていう礼を忘れなかった。
ここは、本当にお前の長所だと思うよ。
しっかり挨拶できて礼儀を忘れないってことは、とても大事なこと。
なかなか照れくさかったりでできないことだけど、お前はちゃんとそれが自然とできてる。
素晴らしい人間だよ。
いっつも、遊ぶとき、お前が眠そうだったりしたときも、電話口で無理矢理な説得で無理に誘ったりしてごめんな。
でも、お前と遊んでると楽しかったんだ。
遊んでくれてありがとうな。

次、YP。

お前がYシャツに書いてくれた通り、俺も一番最初にお前らの代で仲良くなったのはお前だった。
スタジオ見学に来て、いきなりゴイステを合わせることができたときには、こいつすげぇなって思ったのを良く覚えてるよ。
それからは、ずっとライブごとに、必ずお前とはバンド組んでた気がするよ。
そんなに努力はしないけど、「まぁ、なんとかなりますよ!」的な感じが俺とそっくりで、すごくやりやすかったよ。
でも、やっぱりお前との思い出もバンドじゃぁなくて、遊びの思い出が多いよ。
俺は大学4年間通ったわけだけど、絶対に家族よりもほかの誰よりもお前と一緒にいた時間が一番長いよ。
お前が茅ヶ崎に住んでるときも、今の家に引っ越してからも、数え切れないくらいお前の家に行って泊まってたよな。
俺の家のゲーム機までお前の家に持ち込んで、朝までゲームやるってのはざらだった。
大学にいったって、どっちから言うでもなく「今日はなにするか」っていう話になるくらい、毎日遊ぶのが当たり前だった。
何にも変わり映えしない毎日だったけど、これからはもうあの学食でそういう会話もできないんだなって考えると、なんだか少し寂しくなるよ。
で、お前と一緒にいったスロットの回数は数知れず。
新台の時には一緒に並んで打ったりもしてた。
なかなか勝たないやつだったけど、演出に一喜一憂するお前と一緒に打つのはなかなか楽しかったよ。
本当にありがとう。

二人とも、俺にとってはもう「後輩」なんかじゃないよ。
大切な、「仲間」だ。
俺が在学中は、急に押しかけたり急に集合かけたりして迷惑かけたと思うけど、お前らのおかげで本当にかけがえのない思い出が作れたよ。
ありがとう。
俺は前々から言ってる通り、まだこっちにいるから、これからもたくさん遊ぼう。
また、みんなでスロット打ったり朝までゲームをやったりして遊ぼう。
これから先の日々を、楽しみにしています。

それと、この二人以外にも同期の奴ら、OBの方々、本当にお世話になりました。
遊び中心で生きてきたんで、多々迷惑をかけたとは思いますが、僕は本当に楽しかったです。
また、是非とも機会があったら遊びましょう。
遊び倒しましょう。

では。
バイチャ。
[PR]

by child-of-children | 2006-03-24 02:47 | LIFE
<< 息絶えるまで駆けてみよう まだ助走を続けるさ 今日も >>