どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

everything is made from a dream

さて皆さん、セロというマジシャンをご存知であろうか。
片言の日本語を使いながらマジックをするナイスガイである。
本日は家族全員でセロpresentsのMagical Night 2005というショーを、大磯プリンスホテルへと観にいった。
a0066748_22413349.jpg


プログラムはディナーが1時間半、マジックショーが1時間という構成で、まずはお食事タイムだ。
料理はフランス料理のフルコースで、でっかい皿にちんまりとした料理が次々と運ばれてきた。
味はなかなか普通で、可もなく不可もなく、どっちかといったら不可寄りかなという感じの味だった。
そして中盤戦くらいでパンが皿に乗せられた。フランスパンのちっちゃいやつ。
ぼくは当然のようにそれを掴み、そのまま口へと運んだ。

うむむむ。固い。
噛み切れないじゃないか!
ふんっふんっ
日本人のあごは弱くなってるって本とだなぁ

と、孤軍奮闘していると、家族が笑っているのに気づいた。
なんだよ!?なにがおかしいんだよ!?

「フランスパンってのは、手でちぎって口に運ぶもんだぞ」
兄が優しく諭してくれた。

・・・兄者、そういうことは早く言ってくれ。

そうか。お上品に食えということか。
そんなこと学校じゃ教えてくれない。
セレブの世界も何かと難しい。

で、ディナータイムも終わり、アナウンスが流れ、いよいよショーの始まりだ。
お姉さんの艶かしいダンスが終わると、いつの間にかセロが登場していた。
おぉ!本物!
バンドのライブもそうだけど、映像で見るのと実際に見るのとでは感覚としてはかなり違う。
セロもミスチルも、普通の人間なのだ。

で、マジックの内容だが・・・

すごい!

感動した!

物体の空中浮遊やタバコを使ったマジック、人の消失や物体の瞬間移動など、さまざまなマジックを披露してくれた。

カードを使ったトリックは3つ見破ることができた。皆がおぉぉ!と騒いでいるときにぼくはしめしめ。してやったりとほくそえんでいた。

というか、こんな見方をしていたらつまらない。
マジックは見て驚くから感動するものなのだ。

はじめから疑ってかかる。
大人になるって嫌ですね。

だけど、最後のマジックはぼくも純粋に感動することができた。


「明日はクリスマス。僕は毎年この時期になると一つの思い出を思い出します。
僕はカリフォルニアに住んでいました。そこである年のクリスマス、近所に住む小さな女の子が、『セロ、今日はクリスマスだからきっと雪が降るよね?』と僕に言った。彼女の名前はナタリーと言いました。『ナタリー、僕らの住むカリフォルニアは一年中天気がいいから雪は降らないよ。』そういうとナタリーはひどく寂しそうな顔をしてうつむいてしまいました。『ナタリー、じゃぁナプキンを持ってきたら僕が雪を見せてあげるよ。』そういうと、ナタリーは急いで家へ帰って、ナプキンを一枚持ってきて、僕に手渡しました。『見ててごらん、ナタリー』」

そういうとセロはナプキンをちぎってはそれを撒いた。

・・・確かに。
雪に見えなくはないけど・・・その程度か!?

「ナタリーも、今の皆さんのようにつまらなそうなリアクションでした。」

こいつ、おもしろいやつだな。

「ナタリー、ごらん、ナプキンはまだ残ってるよ。ほら、ごらん。」

そういってセロはナプキンを広げた。
するとそれは見事な雪の結晶を形作っていた。

すげぇ。そのためにちぎってたのか。曲者め。

「ナタリー、でもこれは本物じゃない。本物の雪は、水からできてるんだ。」

そういうとセロはその雪の結晶を水へと浸し、握り締め、念じる。

するとセロの手からたくさんの雪が宙へと舞っていった。
観客は沸き上がり、壮大な音楽も流れ出しエンディングへと向かっていく。

ダンサーが現れ、セロも一緒に踊り、何もないところから大きな旗を取り出した。
それをダンサーとともに左右に大きく振る様は、バイバイ!と言っているようだ。

そして皆が拍手をする中、セロは旗を振り下ろした。
するとそこにはとても大きくてきらびやかなクリスマスツリーが立っていた。

あぁぁぁぁぁぁぁ
あんたって人はぁ。

正直、抱かれてもいいと思いました。
憎い!きたねぇ!ぼくが女の子だったら身も心も捧げてますよ。

で、特番の告知をして、幕が降りて終演となった。

いやぁ。これは2万5千円の価値はあるね!
やっぱりエンターテイナーってかっこいいですよね。

ちなみに、その特番は1月10日の19時からフジテレビで放映されるそうです。
本当にすごいマジシャンだしかっこいいので、もし暇があったらご覧あれ。
抱かれてもいいって思いますから。

-----

さて明日は12月24日のクリスマスですね。
みなさん、誰かにあげるクリスマスプレゼントはもう買いましたか?
買っていない人は真心をプレゼントしましょう。
要は大事なのは気持ちですから。

家々は見事にデコレートされ、街も華やかにライトアップされ、人々はすっかり浮かれ気分。
そんな綺麗な景色を見ていると、普段はダークなぼくも素敵なことを想像したりする。

明日は、雪が降ればいいなぁ・・・☆


なぜかものの数十分で3メートル以上の大雪が降り、交通機関は麻痺し待ち合わせの場所へ行けず、それが元となりケンカし、破局するカップル多数。その前から一緒にいた人々は生き埋めになり、死傷者多数。
翌日、雪の中から掘り出された遺体の中に、手をつなぎあって安らかに眠る恋人たちが発見され、それを元にぼくが書いた小説が大ヒットし、ドラマ化され映画化され、ぼくは日本を代表する作家となる。

ごめんなさい。

一人身の寂しいやつのひがみです。しかもややパクリだし。

世界中の人々が幸せになりますように。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-23 21:36 | LIFE
<< 宗教かぶれが僕にこう問う「He... 一吹きで消えそうな儚い願い >>