どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

置き忘れたままの teenage dream

月に代わっておしおきよ。


今日は珍しくギターの練習をしていると、ドアをノックする音が聞こえた。母親だ。
親戚の人が来ているから挨拶なさいとな。
知っているのはお婆ちゃんだけで、あとはみんな知りませぬ。
で、まぁ晩御飯の時間だからその人たちと一緒にご飯を食べていたのですが、親戚同士の話は競馬とかパチンコとかの話に花が咲いていました。

血は争えないなと思う一時でした。



さっき、12chでコスプレ選手権みたいなやつをやっていた。そんなものをみているぼくもどうなのかという話は置いといて、なかなか面白かった。最後の方しかみなかったけど。
なにやら普通の人(?)が、アキバのピンチの際には変身して、アキバを救うみたいな感じで、その救うヒーローをオリジナルで考えてコスプレして、そのコスプレの評価を競うというような内容だったと思う。

なんかおでんのヒーローに変身するとか、関東の片田舎から週一でアキバにでてくるやつが変身するとか、皆いろいろ考えていた。

で思ったのだが、もし本当に何かの間違いで遠い星とかから気持ち悪いエイリアンがアキバに出没して攻め込んできたらどうするのだろう?
本当にあの格好に着替えて(変身して)、「アキバの平和を乱すものは私が許さない!」と戦うのだろうか?

ある日、平和なアキバに1機の大きな円盤が降り立った。1匹の気持ち悪い汗だくなリーダーエイリアンを筆頭に沢山のの部下がいた。
「ぐぇっへっへっへ。ポスターとi podとリュックサックはすべて頂いていくぜ。あとついでにフィギュアもだ。すべての電気もいただくダニ!」
「野郎ども、お前らもやっちまうダニ!」というリーダーの合図と共にヒィーヒィーとたくさんの部下がアキバのさまざまな店に襲い掛かる!
あるものは店頭のゲームを一人で何時間もやり続け、後ろには順番待ちの大行列が出来上がり、車道にまではみ出て道は大渋滞。
会議にも大遅刻で、取引先の山本さんもプンプンだ。
あるものは百円玉を入れずに力まかせにガチャポンをやりつくし、店は大損害。プレミアのフィギュア、リオを狙っていたDくんもひどいショックで泣いてしまった。
あぁ、もうおしまいだ、俺たちの聖地アキバはなくなってしまうんだ。
誰か、救世主はいないものか…
とそこに、牛乳瓶の底のようなめがねをかけた暗い感じの女の子が現れた。
そして突然、ものすごい高音で叫んだ!
「アキバの平和を乱すものは許さない!メタモルフォーゼ!!」
眩い光に包まれ、女の子がみるみる内に変身していく!
「ふっふっふ、誰ダニ?お前は?」
「サイバーメイド クラッシャーアンナよ!」
「ふっふっふ、よくわからんハエダニ。お前たち、やっちまうダニ!」
ヒィーヒィー!
部下たちはクラッシャーアンナのリュックサックを漁り、フィギュアを見つけては油性マジックで顔に落書きをし、パンツには茶色いペンで細工をした。
同人誌を見つけては「うんこ」という言葉をあちこちに書きなぐった!
ひどい、ひどすぎる!
さしものクラッシャーアンナもこのスピリチュアルアタックの前には無力であった。
へなへなと崩れ落ちるこの変な女を見て、とどめダニ!とi podの曲を消しにかかった!
しかし!この変な女はこんな時のためにキーロックをかけておいたのだ!
「ぬぅぅ 操作ができないダニ!新しいi podはわからないダニ!」
変な女はこのチャンスを見逃さなかった。
腰に携えた銃を取り出して裏声で叫んだ!
「今だわ!ビリビリラブリーサンダー!!」
ビリビリでラブラブなサンダーがエイリアンを包む!
「ぬ、ぬかったダニー!!」

ハート型の恥ずかしい光に包まれ、エイリアンは気持ち悪い汗だくなエイリアンから、太っていてめがねをかけていてリュックサックをしょっていてしかもポスターがはみ出ていてi podを聞いていて湿ったバンダナをしている汗だくの青年に変化した。

「さ、これであなたもここで生きていけるわ。もう2度と私を困らせるようなことはしないでね、ご主人様。」

青年の目には光るものが溜まっていた。

もしかしたら汗かもしれない。

こうして、アキバの平和は守られたのだ!ありがとう!サイバーなんとか!


近い将来、地球はサイバーメイド クラッシャーアンナによって救われるかも知れない。


ビリビリラブリーサンダーが敵に効くのかどうかははなはだ疑問であるが。
[PR]

by child-of-children | 2005-12-08 23:55 | LIFE
<< この世界は今日も美しい お気づきですか?あなたもモンスター >>