どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

微笑みのその裏で血と汗を流す

どうも。今までカラオケに行っていました。
そんなわけで、もうすぐ鳥さんも牛さんもおはようございますのこんな時間に更新です。
あ、昨日も朝の6時くらいまで知人と遊んでいて更新できませんでした。ゴメス。

冒頭の通り、カラオケに行っていたわけなんですが、毎回思うんだけど、みんな歌うまくていいなぁ。
そして毎回、俺って歌へたくそだなぁ。って思う。悲劇ですわ。
でもいわゆる一つの下手の横好きってなもんで、何故か歌っちゃうんだよなぁ。
今日は渋く「母に捧げるバラード」を歌ってきました。
あれならぼくでもうまく歌えます。きっと普通の人よりもうまく。

こら!テツヤ!

みたいなね。

あぁ神よ。どうか我に常人並の歌唱力を与えたまえ。

いくら歌詞を覚えるのが早くても歌が歌えないんじゃぁねぇ。
ホッチキスの芯だけあって、ホッチキスの本体がないようなもんですからねぇ。
意味ない。

しかもなにこのたいして面白くもない例えは。
あぁ。
ゴメス。


しかし今日歌ったやつはシングルバージョンで、歌詞の中に「包茎」という大事な言葉が出てこなかったので非常に残念でした。
それだけが心残りです。

非常に瞼が重いのでこの辺で去ぬ。

ソイヤソイヤ。
[PR]

by child-of-children | 2005-11-27 04:48 | LIFE
<< 明日を担って 風にまたがって ... 羽を開いて 光の射す方へ >>