どうせだめならやってみよう


YOUの態度はオフサイド
by child-of-children
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いつでも微笑みを そんな歌が昔あったような

どうも。
就活をあきらめてから早くも1ヶ月が経とうとしています。
時の流れは異様に早いですね。

最後に受けたのが子どもたちに夢と希望とサッカーを教える仕事で、茶髪もOKという素敵な会社でした。
筆記というか志望動機とかを書く一次試験は言葉巧みに突破し、二次試験のグループディスカッションへと進めました。

そのグループの仲間がなにやら話をそらしたりして、グループとして出すべき結論からものすごく遠ざかっていたのを正したり、意見をまとめたりして結構いいね、オレ。
とか自惚れてたのに、一週間も経たないうちに
「今回はご縁がなかったようです」
という不幸の手紙が迅速に送られてきました。

ちくしょう。

わずか30分で、ぼくが使えないやつだと見抜くなんて、なんとすばらしい会社なんだ。
やはりぼくの会社選びは間違っていなかったようです。

ぼくの駄目さを見抜くような素敵な会社を受けられてぼくはとても幸せです。

と思います。

あぁ。

人生、一寸先は闇。

ちょっと違うか。

なんだかピヨピヨしてるのでこの辺で。

グーデンターク。

もはやバイバイというほかの国の言葉もわからない。
[PR]

by child-of-children | 2005-11-21 23:55 | LIFE
<< 星になれたらいいな 侮らないで 僕らにはまだやれる... >>